第580話:基本業務パック(3) 「立替金精算フロー」

2018年3月26日
過去2週に引き続き、クラウド型ワークフロー『Questetra BPM Suite』にプリインストールされている「基本業務パック」の業務について紹介します。

第3弾は「立替金精算フロー」(経費申請フロー)です。
第464話:立替金精算依頼を回す(基本業務パック) (2016-01-04)

領収書をスマホ撮影した画像をメール添付して申請する業務フローです。逐次申請することで、領収書画像との対応を管理しやすくするところに主眼があります。これは「スマホ撮影の領収書画像で領収書原本を破棄できるようになる制度」を念頭においた業務プロセスとなります。

[立替金精算フロー]

本ワークフローでは、立替金が発生するたびに逐次申請していますが、月に1回まとめて申請するような業務も考えられます。もしかしたら、紙で申請を行っていた組織では、月次申請の方が馴染み深いかも知れません。月次申請の場合は、社員分の申請を一括起動しておいたり、申請書PDFを自動生成する、といった工夫が考えられます。

下記に、これまでの記事で紹介してきた様々な例を一覧していますので、参考にしてください。

なお、「メール開始」を利用するためには、ワークフロー基盤で設定を「有効」にする必要があります(初期状態は「無効」)。システム管理権限を持ったユーザでログインし、[システム設定]>[プロセスモデル外部連携]>[メッセージ開始イベント(メール)]より、設定を有効にして下さい。(詳細はこちら => http://www.questetra.com/ja/tour/m3/m318/

<オペレーティング画面:(1.を入力中の状態)>

<データ項目一覧画面>

[雛形ダウンロード (無料)]



<「立替金精算/経費申請」に関する業務フローの一覧>



≪関連記事≫




  [英文記事 (English Entry) ]

0 件のコメント :

コメントを投稿